SEGES「そだてる緑」認定ラベル Excellent Stage 2

Excellent Stage 2

株式会社ディスコ
長野事業所 茅野工場(2018年4月1日 営業開始)

DISCO CORPORATION, Chino Plant ◇長野県茅野市豊平480  ◆設立 2006年 ◆敷地面積 71,044m2 ◆緑地面積 18,594m2

写真

四季折々の表情を見せる
八ヶ岳山麓に佇む『森林の中の工場』

 ダイイチコンポーネンツ茅野工場は、2006年にディスコグループの一員として再始動し、2018年4月1日より営業を開始いたしました。前社より継承した構内の植物を保護、維持するだけでなく、新しい“緑の命”を育む植樹や芝生育成等、全体にみどりを配置し、従業員や近隣地域の方々に安らぎや憩いを届け続ける存在であることを目指しています。
 春はランドマークのコヒガンザクラの大木やソメイヨシノ等、50本以上の桜が敷地全体を華やかにします。5月には、植栽した110㎡の芝桜が足元から施設や新緑に彩りを添えます。夏は青々とした芝生の爽やかさが敷地を包み込み、秋はモミジや桜等の葉が青空に鮮やかな真紅を描きます。
 構内の菜園で収穫されたトマトやズッキーニなどの野菜を食堂のおかずにしたり、社内で販売するなど、従業員の季節の楽しみ、健康つくりへと寄与しています。隣接の研修施設建設時に発生した伐採木を、施設内の暖炉や社員レクレーションのためのカマドBBQ(バーベキュー)の薪として利用するなど、資源循環に配慮した環境活動も行なっています。

写真 春を彩る満開の芝桜。
写真 親睦BBQ(バーベキュー) の後、構内のグリーンで 楽しむ従業員家族。

全域MAPへ

写真

芝桜の植え込みを行う従業員

写真

夕立後の工場に架かった虹

写真

従業員による周辺地域のクリーンウォーク

もっと表示する