SEGES「つくる緑」認定ラベル

EExcellent Plan

(仮称)大手町1-1計画

Otemachi 1-1 Project  ◇◇A棟 : 東京都千代田区大手町一丁目2番1他(地番), B棟 : 東京都千代田区大手町一丁目2番5他(地番) ◇事業主体:(A棟): 三菱地所株式会社/JXホールディングス株式会社/大手町デベロップメント特定目的会社,(B棟): 三菱地所株式会社 ◇設計:株式会社三菱地所設計 ◇施工:(A棟): 鹿島建設株式会社・株式会社NIPPO,(B棟): 株式会社竹中工務店 ◇竣工予定:2015年11月(A棟), 2017年1月(B棟)
◇敷地面積 16,237㎡(A・B棟) ◇緑地面積 3,438.54㎡(A・B棟) ◇建築物上緑化面積 163.4㎡

大手町にインタラクティブ フォレスト(交流の森)をつくる

写真

当事業の特徴は、皇居に隣接する立地条件を活かすため、事前の環境調査により事業敷地周辺の自然性や歴史・文化性を把握し、その潜在的価値の保全と利用を目指した計画で、都市空間に生物の棲息地を創出できるよう様々な工夫が施されています。また、皇居の緑を周辺地域に繋ぐ役割を担うため、景観面では、大手濠石垣上や内堀通り街路樹の常緑植栽と呼応するクスノキを接道部に列植、植生面では、皇居の二の丸雑木林を意識した、在来種・地域種を主体とした林の形成を目指した計画となっています。
 もうひとつの特徴として、インタラクティブフォレスト(交流の森)をコンセプトに、オフィスワーカーや来訪者など多様なライフスタイルへの対応を想定し、くつろぎ、憩えるオアシス的な空間を創出すること。例えば、皇居を周回するランナーのための利用施設等と合わせ休息地としての利用は、この場所特有のニーズと考えられます。また、緑や自然と関わるアクティビティや催しの開催、(仮称)ビジネスエコシティセンターにおけるセミナー、環境教育等の実践を通して、ビジネス街におけるエリアマネジメントのモデルとなることも期待されます。

写真
写真

全域MAPへ